子連れOK!アジアでいけるおすすめのリゾートはどこ?

| | 0 Comments

アミューズメントスポットの多い香港はおすすめ!

子連れでも可能なアジアのおすすめリゾートとしてまず第一に挙げられるのが、アミューズメントスポットの多い香港です。
飛行機も4時間ほどで時差もたったの1時間なので、体への負担はそれほどありません。

バスやオープンドラムが街を駆け巡り、活気を感じることができます。
子供だけではなく大人も一緒にわくわくとした気分を楽しむことができるでしょう。

子連れに特にお薦めなのがオーシャンパークと呼ばれるテーマパークです。
広大な敷地内には遊園地だけではなく動物園や水族館などがあり、1日ではまわりきることができないほどです。

パーク内にあるケーブルカーに乗れば、絶景のオーシャンビューを望むことができます。
香港といえば飲茶をかかすこともできませんが、子供でも好き嫌いをせずに喜んで食べてくれることでしょう。

シティリゾートと自然とテーマパークの旅を楽しめるマレーシアも人気

そしてシティリゾートと自然とテーマパークの旅を楽しむことができるマレーシアもおすすめと言えるでしょう。
クアラルンプールやペナン島、コタキナバルなどの見逃せない観光スポットも盛りだくさんです。

外国人に対しても親切な特徴があり治安もよいので、子供を連れていても安心して過ごすことができます。
フライトは成田空港からは7時間以上とやや長めなので、フライトの際にはおもちゃやお菓子、絵本や塗り絵など機内で楽しめる様々な工夫をしておくとよいでしょう。

おすすめのプランは二つあり、一つ目は都内でショッピングやシティリゾートを楽しんだうえ、その後マングローブの川や海洋公園などで自然と触れ合うプランです。

もう一つはプテリハーバーファミリーテーマパークで遊ぶプランです。
こちらでは機関車トーマスなどの様々なキャラクターも待っているため、子供は大喜びすること間違いありません。

飛行時間約7.5時間のシンガポール

最後におすすめするのは飛行時間約7.5時間のシンガポールです。
こちらも機内で過ごす時間が長くなるので、事前準備が必要となります。

マーライオンやマリーナベイサンズ、セントーサ島など見逃すことのできない観光スポットが盛りだくさんです。
現在注目を集めているエリアはマリーナベイと呼ばれる所で、マリーナベイサンズホテルの屋上にあるプールは、世界で最も高い場所にあるプールと言われています。

プールで遊びながらシンガポールの街並みを一望することができるでしょう。
ここは宿泊者専用プールとなっているので、ぜひとも宿泊してプールで楽しみたいものです。
子供用プールも設置してあるので、親子ですてきな時間を過ごすことができるでしょう。

タイのプーケット島もおすすめのアジアリゾート

そしてタイのプーケット島もおすすめのアジアリゾートと言えるでしょう。
タイは子供にも優しい国として知られ、子供を連れての旅行先には最適といえます。

日本からは約8時間ほどのフライトとなり、とくにプーケット島では動物と触れ合う旅を楽しむことができます。
ダイビングスポットとしても世界的に有名で、海でのマリンスポーツを楽しむのもよいでしょう。

動物たちとれあうのであれば、ゾウの背中に揺られて山道をトレッキングするツアーや、トラに直接触ったり、一緒に写真を撮影するプランも魅力的です。
日本ではなかなかできない貴重な体験をすることができます。

まとめ

このようにアジアでも様々なリゾート地で楽しむことができますが、子供を連れて行く場合には、移動にかかる飛行時間を目安にするとよいでしょう。
赤ちゃんや幼児の間は体に負担が少ない4時間以内で到着するところを選ぶのが理想的です。

長時間静かに機内で過ごせるようになれば、飛行時間7時間ほどの場所へ足をのばしてみることもできます。
7時間以上となると小学生以上の子供が目安となります。

移動だけでもかなり体力を消耗することになるため、家族でよく相談してから決めることをお勧めします。

出典:カップルからファミリーまで楽しめる!おすすめアジアンリゾートエリア20|ANA Travel & Life