もうすぐ今年も終わり!年末年始に太らない方法ってあるの?

| | 0 Comments

年末年始は暴飲暴食しがち?

年末年始には忘年会や新年会、お正月といったイベントが盛りだくさんで、どうしても暴食暴飲してしまいがちです。
多くの人は毎年の年末年始を過ごすと一気に太ってしまう、という悩みを持っているものですが、中には年末年始だからといって別に太ることはない、という方もいるのが事実ですよね。

ではどうやれば太って苦しむことがなくなるのでしょうか、そのコツをみていきましょう。
そもそも太ってしまうのは、摂取したエネルギーの方が消費するエネルギーよりも大きくて起こることです。

ですからまずは、エネルギーの摂取をそもそも莫大にしないように気をつけることであり、食べる量を自分でコントロールしようとする強い意思が必要となります。

イベントが何かと集中するこの時期においては、普段よりも贅沢な内容の食事で量も増えてしまうのが普通です。
そこで美味しいからと際限なく食べていたり、胃を刺激するものばかりをとっているなどを続けると、太ってしまったり胃腸を弱めてしまうのは当然のことです。

おせち料理も日持ちさせるために塩分や糖分が多目になっていますから、味の濃いものは少量にして口の中でよく噛み、大量に食べずとも満足するようにしていきましょう。

正月太りはリセットできる! – NAVER まとめ

「ながら食べ」は危険!テレビは消して食事しよう

例えばお餅は1日2個まで、お酒は二日酔いになるまで飲まない、間食はしないと決めるなど、自分なりの工夫が必要です。
折角のイベントで美味しいものを味わう楽しみまで排除する必要はありませんので、少量をよく噛んで食べることで満腹中枢を刺激して下さい。

また、「ながら食べ」は危険です。
例えばテレビを見ながら食べる食事は食事に集中していませんので、食べたという満足感が得られにくくなります。

イベントごとが続く時期にはテレビ番組も特番を組んで放映していますが、折角のご馳走が並んでいるのですから、テレビは消して食事を楽しみましょう。
食卓を一緒に囲む人達との会話を楽しみつつ食材をしっかりと味わうためにも、ながら食べはしないように心がけます。

これは別に年末年始に限ることなく、本来は毎日の食事で大切にしたいものです。
何をどれだけ食べたかを意識することで、結果としてのカロリーオーバーを食い止めることが出来ますのでおすすめですよ。

イベント事続きの年末年始ですが、その割に運動量が下がってしまうというのが太ってしまう原因でもあります。
寒いからと部屋の中にこもりきりになるのではなく、買い物は歩いていく、出したものはすぐに片付ける、掃除をしっかり行うなどで、普段から体をちゃんと動かすようにしましょう。

しっかりカラダを動かすこと!

雪が降る地域では率先して雪かきに参加するのも良いですね。
家事をしっかりするだけでも、消費カロリーは凄いことになります。
食べたエネルギーの分だけはしっかり消費する、と決めれば、お酒を飲みご馳走を食べても太りません。

そして年末だから、とか、お正月だから、と言いながらダラダラ食べすぎたりしないように気をつけ、普段と変わらない生活をすることが大切です。
仕事が休みで時間があるからと炬燵に潜り込むのではなく、時間があるのなら普段は中々出来ない細かい掃除やウォーキングに出かけてみましょう。
ストレッチをするだけでも体も頭も喜びます。

お正月にたっぷりとつけてしまった肉は、1月中に何とかしてしまうことがおすすめです。
時間がたってからエクササイズや運動を慌ててしても脂肪をとって体重を減らすのは大変な努力が必要ですし、すぐに薄着になる春がきてダイエットにと慌てることになりかねません。

年末年始の生活態度を普段の時と同じにし、美味しいものを食べる機会が増える分だけウォーキングなどをして体を動かす機会も増やす、これがお正月に太らずに心身ともに健康で過ごせるコツなのです。